国際交流ツアーを取り扱う、日本の旅行代理店による費用の違いと比較ポイント

国際交流ツアーを選ぶ時の、チェックポイントについてご紹介します。

今回は、「国際交流ツアーを取り扱う、日本の旅行代理店による費用の違い」と「比較ポイント」について記載します。

スポンサーリンク

国際交流ツアーとは?

国際交流ツアー: 世界中の旅行者といっしょに、英語で旅をする現地発着ツアー

(Contiki, Topdeck, Trek America, Trafalger, G Adventures, imaginative など)

旅行代理店によって呼び方が様々なので、ここでは国際交流ツアーと呼びます。

日本の旅行代理店への見積り

同じ内容の国際交流ツアーを取り扱う、日本の旅行代理店がいくつかある場合があります。

(株式会社 JST、 株式会社 STA TRAVELなど)

その際は、2社以上に見積りを出していただき、どちらの会社に手配をお願いするか、比較することをお勧めします。

国際交流ツアーは、現地発着でのツアーなので、公式サイトに掲載されている金額は、ツアー代金のみです。

航空券や前後泊など、それ以外の費用が加わる形となります。

ダイレクトに日本から往復するか、ツアー前後に発着地の国で滞在を延長をするか、別の国へ行くかなどは、参加者次第です。

旅行代理店ごとに、ツアーの取扱手数料が異なります。

またその旅行代理店で航空券を購入するか、他社で購入するか、リピーターかどうかでも、見積りが変わってくる場合があります。

滞在時の宿泊先における、同室の参加者の人数

ツアー中の滞在時に、同室の部屋の宿泊人数によっても、値段に差が出ます。

例えば、2人部屋より3人部屋の方が安く泊まれたりします。

参加国によって、2~4人部屋で相部屋が基本ですが、追加料金により、1人部屋を手配可能な場合もあるようです。

希望人数の部屋を予約できるかどうかは、参加国における滞在先の部屋タイプ他のツアー参加者の人数予約するタイミングの速さなど、状況によります。

ツアー前後にホテルに泊まる必要があるかどうかも、航空機の発着時刻によって異なります。

前後泊のホテルも、同じ部屋に泊まる人数によって値段が変わってくる場合があります。

私が参加した時は、ツアー中、2人部屋の時も3人部屋の時もありました。

3人部屋の方が安くて、2人のルームメイトと話す機会を持てますが、お風呂に入る順番などが遅くなることもあります。

2人部屋ですと、朝洗面所を使ったりする際も、人数が少ない方が時間的に余裕はできると思います。

朝早くに出発して夜遅く帰ってくることもあるので、どちらも一長一短であるように感じます。

睡眠が不十分な日は、移動中のバスで寝ることもできます。

個人的には、2人部屋と3人部屋のメリットとデメリットは同じくらいと感じます。

あまり色々言っても担当の方が大変なので、その時に旅行代理店に手配して頂ける方で大丈夫かなという感覚です。

1人部屋よりは2人以上の方が、他の参加者と一緒に過ごせる時間を持てるのでおすすめです。

どうしても夜はゆっくり過ごしたい方は、旅行代理店に1人部屋は可能なツアーか尋ねてみてくださいね。

現地のツアー会社に直接予約は可能?

参考情報ですが、手数料をカットするために、国際交流ツアー会社に直接お申込みできないか、英文メールで問い合わせたのですが、日本の代理店で取り扱ってますとの解答でした。

国際交流ツアー会社側より、日本の正規の代理店はこちらですとお伝えいただきましたが、私の場合は、別の旅行代理店から予約を依頼しました。

国際交流ツアー会社によって、直接申し込みが可能か否か、状況は異なるかもしれないので、気になる方は問い合わせしてみるのも1つかもしれないです。

スポンサーリンク

比較ポイント

●費用

以上のような観点から、旅行代理店、航空券の手配、部屋などの組み合わせ方で、トータルのお値段を比較すると良いとおもいます。

時間に余裕が無い方は、旅行代理店に、ツアー、航空券、前後泊のホテル、海外旅行保険を一括で予約依頼ができます。

時間に余裕がある方は、航空券や海外旅行保険は、ご自身で探して予約することで、費用を抑えらえることもあるでしょう。

その他に、成田空港使用料、現地空港税、燃油特別付加運賃などが加算されますので、ご確認ください。

旅行代理店、または訪れる国によって、総額10万円台の場合もあれば、30万円を超える場合もあります。

見積りによって、普通の旅行と同じくらいか、もしくは安く手配できることも、かなり高額になってしまうこともあります。

●対応

旅行代理店によって、対応もそれぞれです。

「休暇期間にこの予算内でおすすめのツアーはありますか?」とお尋ねした際に、いくつかツアー案を探して提示して下さる代理店も、「ツアー探しはご自身でお願いしています。」という代理店もありました。

費用も大事ですが、自分の気持ちや要望と合う、旅行代理店の対応の形もあると思いますので、2社以上比較してみると良いとおもいます。

ご自身が何を重視するかによって、検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

◇国際交流ツアーとは?

■日本の旅行代理店への見積り

■滞在時の宿泊先における、同室の参加者の人数

■現地のツアー会社に直接予約は可能?

■比較ポイント

●費用

●対応

国際交流ツアーを取り扱う日本の旅行代理店による費用の違いと、比較ポイントについてまとめました。

同じ行き先でも、費用や宿泊の内容が変わってくることがありますので、よろしければご参考にしてくださいね。

■Traveler’s Diary■

The extra handling charges for group tours depend on individual travel agent.

団体旅行の追加手数料は、個々の旅行代理店によって異なります。
The price of group tour is fixed based on the US dollar.
団体旅行の料金は、米ドルに基づいて固定されます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする