海外旅行は、個人 or 団体 or ミックスのプラン?旅程の決め方のポイント

海外旅行に行きたいと思った場合に、どのようなプランで行くのか、迷ってしまいますよね。

大きく分けると、個人旅行か団体旅行か、そして両者の要素がミックスされたプランが、存在します。

個人旅行、団体旅行、ミックスプラン、旅程の決め方のポイントについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

旅行のタイプ

■個人旅行

交通、宿泊、観光など、自分で旅程の全てを計画&手配します。

■フリープラン

交通と宿泊のみがセットになったツアー会社の商品で、旅程は自分で決めます。

■団体行動&フリープラン(団体&個人ミックス)

日程により、ツアーメンバーと団体行動の日と、各自自由行動の日の両方があります。

■団体旅行

交通、宿泊、観光など、ツアー会社の企画した、旅程プランにそのまま参加します。

■オーダーメイドプラン

自分の企画した旅程プランで、ツアー会社に手配&ガイドを付けてもらいます。

自分で全てを手配するのは不安だし手間だけれど、旅行会社の決めた旅程では、思うようにならない。。

どこまで自分で手配して、どこまで手配をお任せするのか、そのバランスをどうするかが、プランニングにおいて大切だと思います。

個人旅行の自由さとこだわり探求、団体旅行の手軽さと安全性、両者の良さをミックスして旅程を考えてみましょう。

スポンサーリンク

個人旅行 or 団体旅行 or ミックス 決める時の比較ポイント

●訪れたい国の安全性 & 公共交通機関の信頼度

・行き先の治安が良い場合、公共交通機関を利用して、個人で旅をしやすいです。

・行き先の治安が良くない場合、公共交通機関の利用に不安がある場合は、団体旅行に参加した方が安心です。

●移動距離

・1つの都市をコンパクトにまわりたい場合、個人の方が自分の意向に沿った旅程を組めます。

・遺跡が点在しているなど、毎日都市間を移動し、移動距離が長い場合、団体旅行の方が楽です。

●言語

・ある程度英語が通じる国の場合、ご自身も簡単な英会話が大丈夫なら、個人でOKです。

・ほとんど誰も英語を話せない国の場合、困る場面があるので、団体旅行の方がまわりやすいです。

●自分のこだわり

・航空会社やホテルにこだわりがないなら、空港送迎サービス付きのフリープランならお手軽です。

・団体&フリープランなら、主要観光ポイントは、移動の楽なツアーでまわり、興味のある場所へも個人で行けるので、両者の良さをミックスできます。

●オーダーメイドプラン

・オーダーメイドプランも、探せば安く受けてくださるツアー会社もあります。

・私がネパールを訪れた際に、「現地ホームステイ&観光(ガイド付き)&日本語教師&孤児院ボランティア&トレッキング(登山ガイド付き)」といったプランはHPになかったのですが、できますかとお尋ねしたところ、普通の旅行と変わらないお値段で手配していただいたことがあります。

・ツアーアレンジに応じてくださる場合もあるので、まずは相談してみましょう!

個人行動 + 現地でのオプショナルサービス

・個人行動の旅程でも、現地の会社に依頼することで、自分に必要なサービスだけを、追加手配することができます。

(送迎サービス、現地発着のオプショナルツアーなど)

・現地在住の日本人ガイドに、個人の目的にあった案内を依頼することもできます。

(観光案内、留学アドバイスや学校紹介、ビジネス通訳など)

以上のような要素を、それぞれ天秤にかけて、個人旅行と団体旅行のメリットを、上手く組み合わせて旅程を組まれることをおすすめします◎

スポンサーリンク

まとめ

◇旅行のタイプ

■個人旅行

■フリープラン

■団体旅行&フリープラン

■団体旅行

■オーダーメイドプラン

◇個人旅行 or 団体旅行、決める時の比較ポイント

●訪れたい国の安全性 & 公共交通機関の信頼度

●移動距離

●言語

●自分のこだわり

●オーダーメイドプラン

◇個人行動 + 現地でのオプショナルサービス

旅程の組み方のポイントについて、ご紹介しました!

自分の必要な場面では、交通やガイドサービスをプラスし、安全性と手軽さを確保。

旅程に自由さをキープしながら、自分(達)の思うようにこだわりを探求できれば、旅をいっそう満喫できるとおもいます。

よろしければ、ぜひご参考にしてみてくださいね^^

■Traveler’s Diary■

I prefer to see things at my own pace.

私は自分のペースで物事を見る方が好きです。

Many group tour itineraries also include free time.

多くの団体旅行の旅程には、フリータイムも含まれています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする