パスポートとビザの役割/目的別ビザの種類/電子渡航認証/入国許可方法の分類

海外へ渡航する際に、パスポートに加えて、ビザが必要な国があります。

ビザの役割と目的別の種類、電子渡航認証、入国許可方法の分類について、大まかにご紹介します^ ^

スポンサーリンク

パスポートとビザの役割

■パスポート 国籍&身分証明書

・日本場合は、政府(外務省)が発行

■ビザ    入国許可証

・渡航先の国(大使館、領事館)が発行

簡単にまとめると、

自分の国に、パスポートで身分を証明してもらい、
渡航先の国に、ビザで入国を許可してもらう

という流れです。

・パスポートとビザがそろって、日本から出国&渡航先へ入国することができます。

・ビザの申請にも、パスポートが必要になります。

・日本の場合は、パスポートがあればビザはなくても、国同士の規定で入国を許可してくれる国が多数あります。

ビザの種類(目的別)

入国の目的に応じて、ビザを取得する必要があります。

・観光ビザ
・商用ビザ
・就労ビザ
・就学ビザ
・ワーキングホリデービザ  など

国によって、様々な種類のビザに分類されているので、
どのビザの取得が必要か、確認をしてみてくださいね◎

電子渡航認証

観光ビザの発行が不要な場合でも、
事前にオンライン申請で、渡航認証が必要な国があります。

・アメリカ(ESTA)
・カナダ(eTA)
・オーストラリア(ETA(S))

2021年1月以降
・ヨーロッパ(ETIAS)

事前申請をすれば、プリントアウトは不要です。
ですが念のため、コピーを持参することをおすすめします。

スポンサーリンク

入国許可方法の分類

ビザの発行・取得方法、電子渡航認証の手続きも、国によって異なります。
ここでは、観光の際の入国許可方法の分類について記載いたします。

●ビザ(Pre-arrival visa)
・到着前に取得
・日本で渡航前に、渡航先の大使館より発行

●電子認証、電子ビザ(Electronic authorization / eVisa)
・到着前に手続き、または取得
・日本で渡航前に、オンラインで認証、または発行&印刷

●アライバルビザ (Visa on arrival)
・到着時に現地取得
・現地空港で発行

●電子ビザ or アライバルビザ(Visa available both on arrival or online)
・到着前 or 到着後のどちらかで取得
・オンライン or 現地空港で発行

●ビザ不要(Visa not required)
・取得不要
・パスポートのみで入国OK

●特別な許可(Special permit)
・一部の国

到着前に大使館で、ビザの取得が必要な国、

到着前にオンラインで、ビザの発行&印刷が必要な国、
到着前にオンラインで申請すれば、入国許可証の印刷は不要の国、

到着後に現地空港で、ビザの取得が必要な国、

到着前にオンライン or 到着後に現地空港のどちらか選んで、ビザの取得が必要な国

ビザが不要で、パスポートのみで入国できる国、

国の方針で、観光客の入国を制限、または特別許可の必要な国。。

それぞれの国で、入国許可の出し方も様々です。

新たに規定を変更し、今までとは内容が変わることもしばしばあります。

渡航前には必ず、入国許可の最新の情報を、確認するようにしてくださいね◎

スポンサーリンク

まとめ

■パスポートとビザの役割
●パスポート :国籍&身分証明書
●ビザ    :入国許可証
■ビザの種類
・観光、商用、就労、就学、ワーキングホリデーなど
■電子渡航認証
・アメリカ、カナダ、オーストラリア
・2021年以降 ヨーロッパ
■入国許可方法の分類
●ビザ
●電子認証、電子ビザ
●アライバルビザ
●電子ビザ or アライバルビザ
●ビザ不要
●特別な許可

インターネットの時代なので、今後紙のビザよりも、

電子ビザ、電子渡航認証を採用する国が、増えてくるかもしれないですね。

パスポートに色々な紙のビザが貼ってあると、異国情緒を感じられて、旅先の空気を持ち運べる、そんな良さもあるとおもいます。

たくさん旅を楽しんで、パスポートに彩りを集めてくださいね◎

▼参考記事

ビザ、eVisa、アライバルビザ、電子渡航認証が必要な国、ビザなしでOKの国は?

2019年3月/日本のパスポートは世界一!ビザなしで189ヵ国に入国できる?できない?

■Traveler’s Diary■

I apply for an entry visa.

私は入国ビザを申請します。

You can choose eVisa or Visa-on-Arrival.

電子ビザかアライバルビザか、選ぶことができますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする