スーツケースの選び方/デザインと防犯、ロストバゲージ対策、手持ちバックにも注意

前回に引き続き、スーツケースの選び方をご紹介します。

デザイン性と防犯性のバランスから、ご案内します^^

スーツケースのデザインと防犯

安全性の高い地域&ツアープラン

 おしゃれなデザイン

安全性の低い地域&一人旅など

 地味なデザイン

おしゃれなデザイン

国内旅行、海外でも安全な地域やツアープランで、主に旅をする予定でしたら、
素敵なスーツケースを用意すると、旅もワクワクしますよね♪

オリジナルスーツケースを、オーダーできるサイトもあります♡

地味なデザイン

様々な国へ行く予定、公共交通機関などの移動が多い、主に個人旅行をお考えでしたら、スーツケースは、目立ちにくい色、デザインを選ぶことをおすすめします。

お仕事でも使用する場合は、ビジネス向けのダークカラーが使いやすいです。

・スーツケースは、一連の旅の中で持ち運びをしている場面が少なく、手持ちのバッグの貴重品よりは、紛失・盗難のリスクは低いとおもいます。

・到着後、すぐにツアーバスに積み込む、滞在ホテルの信用度が高いといった場合、華やかで目立つデザインも、大丈夫かもしれないです◎

スポンサーリンク

ロストバゲージ

出発空港で預けたスーツケースが、紛失してしまう、ロストバゲージが、起こることがあります。

空港間での移動中は、スーツケースは目立つ方が、トラブルに巻き込まれにくいとされています。

●航空会社のミス or 旅行者が誤って持ち出し

・ネームタグを付ける

名前と連絡先、滞在中のホテル名と連絡先、利用する航空会社名と連絡先を、英語で記載しておくと、返却されやすくなるとおもいます。

●故意に盗難

・目立つベルトを付ける

地味なデザインですと、気が付かない内に持ち出されやすいので、目立つベルトなどを付けておくと、盗難防止になるかもしれないです。

スーツケース移動時の、手持ちバックに要注意!

スーツケースを移動していると、旅行者だと一目で分かります。

私は帰国前に電車でスーツケースを運んでいる時に、周りに迷惑にならない様にと、スーツケースに気を取られている隙に、ファスナー付きのショルダーバックを開けられて、お財布を盗られてしまいました。

スーツケース自体の盗難、破壊して中身を取り出す行為は、目立ちやすく手間がかかる一方で、手持ちバックから貴重品を盗む方が、逃げやすく簡単です。

一人旅で、同時に管理する荷物が多い時は、常に手持ちのバッグにも気を配りましょう!

滞在先の街中、公共交通機関での移動時は、できるだけ目立たないように、地味な服装で、スーツケースに必ずカギを掛けて、目立つ色ならベルトも外しておいた方が、良いかもしれないです。

団体旅行の場合も、まわりにツアーメンバーがいるからといって安心せず、手荷物には細心の注意をはらってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

■スーツケースのデザインと防犯
●安全な地域、ツアープラン →おしゃれ&好み
●あまり安全ではない、個人移動が多い旅 →地味&防犯重視

■ロストバゲージ対策

●航空会社のミス or 旅行者が誤って持ち出し
・ネームタグ→ 返却率UP
●故意に盗難
・ベルトなど→ 目立つように工夫する

■スーツケース移動時の、手持ちバックに要注意!

・旅行者だと一目でわかるので、目立たないように!

旅のスタイルに合わせて、スーツケースのデザインと防犯性のバランスから、ぜひ選び方を考えてみてくださいね◎

▼参考記事

スーツケースの選び方/搭乗時無料預かりのサイズは?ソフトとハードの違いは?

■Traveler’s Diary■

I like my original luggage with the picture of my cute puppy.

私のかわいい子犬の写真の、オリジナルスーツケースがお気に入りです。

Be watchiful for pickpockets when you carry your suitcase.

スーツケースを運ぶときは、スリに注意して。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする